So-net無料ブログ作成
検索選択

植毛手術2回目 [施術]

自毛植毛2回目を受けました。

ビルも開いてない朝一の8時に入り、一時間ほど最終カウンセリングいただき、植毛ラインを相談して決定。正常ラインにしたいのは山々だが、本数が限度いっぱいとのことで先生の奨めで若干妥協して、その分を中の密度を高めることとした。

術前準備は時間がかかった。
まずはお決まりの睡眠導入剤やら薬を飲み、胸に心拍測定パッドを貼り、腕には血圧測定器具、右腕には点滴で睡眠導入剤を入れるために針を刺し、親指にも心拍数取るためかクリップを付けた。

前回は全頭剃ってたのですぐに採取に入ったのだが、今回は早期に職場復帰のため半数を剃らない部分から採取することとしたので、中央を帯状に刈り、その他の後頭部全体から間引くように短くカットしていく。これが2人がかりでも時間がかかる。
うつ伏せに寝かされてるのだが、顔面を置く部分が硬めなので眼の上と頬骨で分散させないと傷めそうだった。

前回は麻酔注射前に寝入って気付いた時は植毛も後半の夕方だった。昼食を取り損ねトイレに1回行っただけと記憶している。
しかし、今回は前半は意識はあった。先生が来られて、麻酔注射と採取がつらかった。
注射は評判ほどではなくチクチクする程度。こめかみ部分は効きにくいから液をたくさん入れると訊いてたが、けっこう入れられたように思う。痺れで頭全体が膨れたように感じる。
まずは剃った部分から集中して採取が始まる。思ったよりも深く抜き取られてるのがわかる。ずりっずりっと抜かれるのだが麻酔が効いてて毛を剃られてるのと大差ない感覚。
しかし途中から麻酔が効いていない部分があり痛みが出た。
口頭で訴えて麻酔を追加してもらったが、しばらくは痛かった。
中断させるのも悪いと思い堪えた・・でも声はどうしても出てしまった。

その後は薬の調整もされたのか寝入ってしまい、気付くと斜めに仰向けで座らされる格好で植毛が始まっていた。目前には大型テレビが映されており、時間を見ると昼を過ぎていた。
声をかけてトイレと食事を願い出た。包帯を仮にされて立ち上がる。ふらつきはあるが歩けた。
トイレはひとりで行き、控室でサンドイッチとオレンジジュースをいただいた。(サービス)
ついでに携帯メールもチェックしたり、意識はしっかりしていた。

戻って再開してからはすぐに寝入ってしまい、気付いた時はもう夜7時を回っていた。
包帯され控室に移動。ふらつきが強く、しばらく休んで出たのは8時頃だった。
大き目のニット帽で包帯を隠し、駅まで歩いて電車で帰宅した。

当日は風呂は入れない。首から下はシャワーして良いとのことだったが、そのまま寝た。
包帯でトレーナーは着れないので、ファスナーのアウターを寝間着代りにした。
植毛部分にダメージがないよう仰向けに寝る。
前回もそうだったが当日は包帯が厚く巻かれているので枕に当たる部分も痛みはない。
(包帯が取れてからが痛くて眠れず大変だったが)
念のための痛み止めと、自前で買ったドリエルを飲んでしっかり寝た。

前回よりも手術に時間がかかったが、かなり簡単に済んだ印象。
翌朝、包帯を取って洗髪していただく予定。

植毛再手術決行! [施術]

自毛植毛から16ヶ月、再手術に踏み切ることにした。
今回は休みは1週間。髪を伸ばし、剃らずに早期復帰を目指す。

植毛本数も1回目より多く2200株。
ただ、自分の場合、AGAだけでなくストレスが原因のCTEの薄毛もあり、ドナー部も今後危うい。
あまり生え際を下げず、奥のほうにも入れたほうがいいと言われてる。
一応、希望のラインは伝えたけど、最終的には手術当日に決定する。

1回目の生育不良があり300株はサービスで入れていただける。
また2回目ということで更に150株もサービス。
それでも剃らずだと高く、240万ほどになる。

なので、50%程度は剃ることにした。
剃る範囲は3cm×24cm。皮ふを取るのではなく飽くまでFUEなのでスポット的に採取する。
剃るのは費用を抑えるため。
なんとか200万に収まった。

ただし、幅24cmというと耳のすぐ後ろまでとなり、自分はそれほどぎりぎりまでは無理なようなので、幅を狭めて高さを増やすかも知れない、とのこと。

手術中の痛みはないようにされるが、睡眠導入剤の効き目が遅いと麻酔を打つ時に痛みに堪えることになる。それだけが心配。
剃らない手術は時間がかかる。朝8時から日暮れまで丸1日かかるそう。
包帯巻かれて電車で帰るから、大き目のニット帽を包帯の上から被る。
包帯は硬く巻かれるから当日は寝るのに痛みはあまりないかと思う。
翌朝、また電車で病院へ行き、包帯を取ってもらう。
髪を洗って血のりを取ったりする。

問題は2日目からの寝る時だ。
ドナー部の後頭部が枕に圧迫されるとすこぶる痛い・・。
寝るのに睡眠導入剤が要るだろう。
それと、また顔が腫れるかも知れないから外出が難しいかも知れないので、食料品を買いだめしておかないと・・。
顔の腫れは目の周りが腫れぼったくなる。

1週間でどこまで回復するか・・!?
おそらく植毛した部分はまだかさぶたが赤く痛々しい。
外では帽子だが職場ではそうもいかない。
自分の前髪で隠れるか? ふりかけなども用意してるが、単純にヘヤスプレーがいいそうだ。
髪が分かれなければ、そう目立つこともないのだろうか。
まあ、強風に吹かれたら丸見えになることもあるだろうけど、よほど近くで注目されてなければすぐ隠せば問題ない。もうそのあたりは開き直りしかなかろう。
1ヵ月くらいは気になるだろうけど、それまでの辛抱・・。

普通に床屋に行けるのは年内は難しい。
それまではまた事情を知ってるおかかえの美容院に通って切ってもらうことになるかと思う。
完成はまた10ヵ月後の年明け頃。

タグ:植毛 Fue i-SAFE

術後翌日、包帯取る [施術]

翌日は専属美容師に包帯を取ってもらい、洗髪と付け毛など当面のヘアプランニングをいただいた。

普通は、後頭部を一部分だけ刈り込むので、その部分だけ隠す付け毛をするのだそうだが、自分は後頭部全面を広く刈り込んで採取したので、前面だけの付け毛となった。

後頭部は伸びてくるまでは傷痕むき出しであるが、帽子で隠すことにする。
生え際はもともと短髪だったので、これまた傷痕むき出しであるが、付け毛で少し隠れる。
とはいえ、普通の毛量だと不自然になるとのことで、付け毛を漉いて透け感をわざと作られた。
なので、よく見ると生え際の傷が見えてしまう。
まあ、これは注意して見られるとわかってしまうだろうな、と思うがさてどうしたものか・・。
赤みは当分の間取れないから、毛が伸びるのを待つだけだ。

包帯を取ったことで、後頭部の痛みが始まった。
洗髪でお湯をかけただけでジンジン沁みてしまう。
一番困るのは、就寝の時である。
枕に頭を沈めるのは勇気が要った。
痛みでなかなか寝付けない。痛み止めでなんとか就寝。

翌朝、枕は血でかなり汚れていた。
思うに、これだけ広範囲に取った場合、翌日包帯を取るのは早いのではないだろうか?
傷が塞がってないということは、化膿する恐れもあるだろうに・・


タグ:植毛 Fue i-SAFE

施術当日 [施術]

自毛植毛の施術当日。

持ち物は、ニット帽、軽食、現金。服装は開襟シャツ、下着なし。
なるべく患部に刺激を与えないよう、何日かは被るタイプの服は着れない。
耳まで隠れる帽子は重宝した。
包帯の上から被れば、ほぼ違和感なく電車も乗れるし、包帯が取れた後も傷跡を隠すのに使っている。

朝から入り、1時間ほど執刀医の先生と話して最終的に更に本数追加。
用意した現金で足りない分は後日精算となり、一筆書いた。
頭部にマーキングされたが、理想の位置となり期待が膨らむ。
こめかみの上にも植えるが、ここは特に細かく手間がかかるそうだ。
1グラフト1本の株を選んで植えるとのこと。

オペ室で血圧確認された後、いくつかの錠剤を服用。
抗生物質や睡眠導入剤で、リラックスする。
点滴で、静脈から更に睡眠導入剤を入れる。
しばらくソファで待機。その間に、昼前だが持参の軽食を摂る。
トロンと効いてきたところで、再びオペ室に。
後頭部全体を刈り込む。
うつぶせに寝て、後頭部に麻酔を打っていく。
細い針で何度も打つ。

実際はここが一番痛いところだが、実のところ既に意識なく痛んだ記憶がない。
あと、術中に憶えているのは、後頭部の採取が終わった後、横向きに寝てこめかみ上から植え始めたこと。
再度、反対側に横になって、次は座った状態に起こされ、額にかかった。
途中、トイレを申し出て、キリのいいところで一度起きて自力でトイレに行った。
鏡で見たら額は血だらけだったと思うが、薬のせいかあまりショックもなかった。
次に目が覚めた時はもう日も暮れた時間。
冷静に周りを観察したが、植えている看護師もかなり疲労の色が濃いように見えた。
ゆっくりと丁寧に作業されてて、現場は静かだった。
思ったより時間がかかってるな、と思い順調か尋ねたことだけ憶えている。
それからさらに1時間。起こされた時は包帯されて完了。

術中、目の上に貼られたテープがまぶたに食い込んだり、顔がむくんだりした感じでひどい顔ではあったが、ふらつきはすぐに収まり、30分ほどで帰途についた。
痛みはない。
包帯はターバンのごとく巻いてあるが、引っ張るとほどけるらしく注意するよう言われた。

その日は入浴不可。日中あれだけ寝たので寝つきは悪いが朝まで眠れた。
この時は後頭部がしっかりガードされていて痛みもなかった。


施術前日 [施術]

施術前日までに振込みを済ませた。
20万以上は前日までに振り込み、当日に全額精算がきまりだが、期日も迫っていたので全額振り込んだ。

気をつけないといけないのは、1日の振込み上限額が制限されてる場合は事前に引き上げておかないといけないことだ。また、ATM現金を引き出す場合も普通は1日50万が上限になっている。

実際の本数は施術当日に執刀医とまた相談して決め、当日現金で精算となる。
なので、当日も現金をある程度用意しなくてはならない。

あと、前日までにやったことは術後のスケジュールを1週間は空けること。
早めに入浴して、体も髪もケアしてしっかり休息することを心掛けた。
白髪を染めたが、これはあまり意味がなかったように思う。(刈られてしまうので)